らいか友喜

□  fromらいか

     <ダリル・アンカの映画>

初監督映画「Dearly Departed」

 先日、セッションを受けているお客様に勧められ、教えていただいて、ダリル・アンカ初監督の映画「Dearly Departed」を見てきました。

 ダリルはバシャールチャネリングを長年行っている間、ダリルのワクワクは映画を監督することだったらしいです。初監督ですが、力作です。もちろん内容も素晴らしいですが、たくさんの役者さん(どのくらいのプロの役者かわかりませんが、まったくシロウトでないであろう)が出ていて、時間は、1時間15分の長さです。通常映画を監督するのは、たいへんだと予想できます。たぶんバシャールからのヘルプがたくさんあったでしょうが、監督をして映画を作って行く課程なども機会があったら、聞いてみたいなと思いました。
きっと不思議なこともたくさんあったのではないでしょうか?

内容は、死んだ人ばかりがでてきて、その人々がインタビューされるのが続きます。いろいろな職業の人や、いろいろな死にかたをした人が、死んだ後に予想されるような状態でいるときに、声だけのインタビューの質問が聞こえてきて、それらに死人が答えるというのが最後まで続きます。死んだことに気づくことができない人がやっと死んだことに気づいたり、生きていた時のことを回想したりします。いろいろな死にかたという意味では殺されたり、麻薬中毒で死んだり、事故で死んだり、病気で死んだりした人がでてきて、それらの人が、みんな繋がっていると自覚したりします。

生きている人がわかりよすいように、作ってあります。らいかのページの「母の死での出来事」に書かれていることと同じように、死んだら生きているときにはわからないことが全て理解できるようになるし、みんな繋がっていることはあたりまえになるというような内容です。

この映画が終了した後、この映画にさそっていただいたお客様とほんのちょっと立ち話しましたが、「我々のやっているエクササイズで自分のいろいろなところを深く見つめるのは、この映画の死んだ人たちがやっているようなことを今やってるね」といったら、「私も同じこと思っていました。」ということでした。

今回は死ぬ前にやってしまおう~という感じでやってますね。いままで地球で生きたときは、死ぬ前にはできなかったことを今回はやることが出来るのですから、やりましょう!といってやっていますね。ですから、ある意味ではたいへんかもしれません。でもやらなくてもたいへんですから、やったほうがずっと楽になるのでいいでしょう。エクササイズやインナーチャルドセラピーはそういう為のものですね。たいへんなことも気づかないようにしてしまう癖も我々はついています。それもたまには息抜きにいいことです。息抜きしたら、また取り組んでみましょう!死ぬとき思い残すことがないようにがするのが、恋愛成仏だと前にも書いています。

 

 


 

予約恋愛コーチング

当日恋愛コーチング

バシャールチャネリング

インナチャイルドセラピー

前世療法

スケジュール

至福の二人

確実な恋愛成就

無条件の愛とは

おすすめの本

恋愛成就の基本

プラス思考

潜在意識とは