らいか友喜

□  fromらいか

    <先日の続きのお話>

 2013年7月27日に、また先月のルイ何世だかのお城をもっているおじいさんに会った方のセッションがあり、「是非紹介します」とわたしに紹介するからというのですが、今回パリはやりたいことを全部できるかわからないほど、予定いっぱいだし、私の過去世ででてきた人物の場所にも行くし、といっていると、彼女も「私、○○だったですよ」といいます。「それは、フランスの英雄じゃない?」といい、「それ絶対、納得する」ともいいました。

有名な歴史上の人物ですが、彼女がその人物なのは、納得です。ちょっと普通じゃないな?数奇な運命の過去をおもわせるような感じと、またカリスマ的な感じもします。「それも前世療法でやったほうがいいね。」「でも、まだこわ~い」なんていっていて、終了したあと、スカイプの伝言が入っておりました。おじいさんの経営するパリの3星ホテルの名前と住所とおじんさんのお名前とホームページのアドレスです。

私は、うそでしょ?と思いました。パリには3星ホテルは星の数ほどあり、その中のひとつを選ぶのはよっぽど縁があることです。 な、な、な^~と、そのホテル。前回、前々会、その前とずっと毎回私が気に入って泊っているホテルです。今回は、夏で冷房とミニバーがないともし万が一100年来の暑さとかになるとこまるからと、冷房完備のある、ほんと目と鼻の先にある4星ホテルに決めたのでした。過去3回冬のときは、そのおじいさんのホテルに滞在していたのです。

私の添乗員の友人がパリに滞在するなら、左岸サンジェルマンデュプレがお勧めといってからは、ずっとサンジェルマンに滞在するようになってから、このおじいさんのホテルに滞在しています。私はお得意さんです。

ほんとにパリはホテルの数が多いですが、よりによって、そのホテルにと思います。
あまり日本人は好まないのかもしれません。あまり日本人をそのホテルでみかけたことがありません。確かに階段がぼろぼろだったり、ときには、ひび割れているところがあったりで、そういうところを写真にとって、日本人がインターネットに載せているのをみると、やめようと思うかもせれませんが、なぜ私が繰り返しいくかというと、ツインだと部屋が広いことと、ベットは寝心地が良いこと、トイレの流れがめちゃめちゃいいこと、そして、トイレットペーパーのソフトさなど、細かいところに気づかいがしてあって、また、冬は気持ちよく暖かいし、その場所の環境のホテルにしては、リズナブルな値段だからです。もともとサンジェルマンはとても値段が高い場所で、大きなホテルはなく、プチホテルが多いのです。 しかし、私の添乗員の友人が「サンジェルマンに滞在したら、もうパリでは別の場所には滞在できなるなるわよ」といった言葉どおり、私もそうなりました。しかし、このおじいさんのホテルばかりでなく、いろいろサンジェルマンのホテルに泊りたいなと思っていたところでしたが、また次回は夏の7,8月以外だったら、そのホテルになりそうですね。
あとみんなが選ばない理由は、フランス語の練習にフランス語で話しかけても、絶対にレセプションは英語で返ってきますので、それもあまりフランスらしくないからかもしれません。だれかもインターネットでフランス語で話しかけたが、英語で返ってきたと書いてありましたね。それは確かです。私は何回も泊っていますから。

トイレ事情って、ヨーロッパではけっこう流れがあまりよろしくないトイレというのもありますが、またお風呂のお湯がでないとか(最近は少なくなってきていますが・・・)4星くらいでもあるんです。さすが、5星になるとないですよ。ここのトイレは、前回泊った部屋だけでしょうか?東京の自分の家よりも2倍くらい勢いがあって、気にいっています。

良いところばかり申しあげましたが、確かに階段がぼろぼろで傾いています。エレベーターも頻繁に壊れます。でもスタッフが親切で問題ないです。私が一番に決めるホテルの条件はスタッフが親切で、フレンドリーっていうのが、一番大切です。なにか起きたときに、お世話になるスタッフって大切ですよね。このホテル中身重視の以外と地味なホテルなんですよ。

 

 


 

予約恋愛コーチング

当日恋愛コーチング

バシャールチャネリング

インナチャイルドセラピー

前世療法

スケジュール

至福の二人

確実な恋愛成就

無条件の愛とは

おすすめの本

恋愛成就の基本

プラス思考

潜在意識とは